ナノ・マイクロシステムとその応用 −超高速バイオアセンブラ,システム細胞工学,ナノ・マイクロロボット−
オーガナイザ
新井健生 (大阪大学)
新井史人 (名古屋大学)
福田敏男 (名城大学,名古屋大学)
小嶋 勝 (大阪大学)
セッション概要
ナノ・マイクロシステムは医療,バイオ分野を始め,計測やモニタリングなど応用範囲が広い.また,従来システムへのナノ・マイクロ化の適用により,効率や省エネなど多くの効果が期待できる.ナノ・マイクロシステムは適用される分野に応じて,コンポーネントの構成法やシステム化がさまざまである.本セッションでは,ナノ・マイクロシステムを構成するメカニズムやアクチュエータ,センサなど個々のコンポーネントの設計や製作法,それらのシステム化によるナノ・マイクロロボット,また「超高速バイオアセンブラ」や「マルチスケール操作によるシステム細胞工学」関連の研究や具体的応用事例などについてシステムインテグレーションの視点から幅広く取り扱う.