システムから見た社会インフラの維持管理
オーガナイザ
佐野 恵美子 (三菱電機)
長山 智則 (東京大学)
セッション概要
笹子トンネル崩落事故以降、内閣府はインフラ長寿命化を打ち出し、従来の打音を中心とした点検から、自動計測やアセットマネジメントの概念を取り入れて維持管理サイクルへの移行が進められている。これらに関連する技術は、非破壊検査、構造物診断、計測、構造・材料、ネットワーク、ビックデータなど多岐にわたり、それぞれの分野で研究が進められている。これら様々な技術によって維持管理サイクルを実施し、利用者の安全・安心を実現するためには、個々の技術が独立して発展するだけではなく、有機的なシステムとして統合される必要がある。そこで、本セッションでは計測や診断等の共通基盤技術に加え、これらを横通しするシステム技術に関して議論する。