測域センサを用いた計測と環境認識
オーガナイザ
大矢 晃久 (筑波大学)
前山 祥一 (岡山大学)
セッション概要
日常の生活環境の中で働くロボットを実現するには,高度な環境認識能力が必要とされる.近年,走査型のレーザ距離センサの小型化や距離画像センサなどの開発が急速に進められており,これらのセンサを搭載した移動ロボットの研究が活発になりつつある.本セッションでは,ある一定のエリアの形状を認識するセンサの総称である「測域センサ」を用いた計測と環境認識について議論する.