触覚・力覚
オーガナイザ
梶本裕之 (電気通信大学)
昆陽雅司 (東北大学)
嵯峨智 (筑波大学)
セッション概要
近年、学術的にも、産業応用的にも、触覚・力覚関連の研究が、国内外で活発化している。触覚は、皮膚や機械受容器のレベルから、高次の脳機能レベルまで関わり、双方向性や主観的な要素なども考慮する必要があるため、今後、学際領域での研究開発活動がさらに高まると考えられる。本オーガナイズドセッションでは、ヒト触覚・触感の力学的・脳神経科学的な理解、心理物理実験、触感を含めた触力覚センサ・ディスプレイの開発,様々な応用分野など、触覚・力覚に関連する広範な領域での講演・討論を行う。