知覚と運動のスケーラブル知能
オーガナイザ
高野 渉 (東京大学)
小林祐一 (静岡大学)
セッション概要
ロボティクスとは,身体とそれを取り巻く環境とのインタラクションを扱う実世界の学問である.ロボット研究の着実な進歩によって,工場や実験室などのような限られたインタラクションの状況において周囲を理解し,その中を動き回る技術は確立されつつある.そして,コントロールされた環境から日常生活へ飛び出すロボット技術の革新が求められる.本オーガナイズドセッションでは,多様で膨大な情報に満ち溢れている実世界において,環境を知覚・理解して身体運動を通じて環境へ働き掛けるロボットのスケーラブル知能の設計論について議論する.