サービスロボットの安全化と関連安全技術者の育成
オーガナイザ
木村哲也 (長岡技術科学大学)
黒住亮太 (神戸市立工業高等専門学校)
五十嵐 広希 (日本電気株式会社)
セッション概要
サービスロボット安全規格ISO13482が2014年2月に発行され、産業化が進んでいるサービスロボットでは、安全は最も重要な要素である。しかし、サービスロボットの用途は多様であるため、どのように安全を作り上げていけばよいか、技術的・社会制度的に検討すべき課題は多い。さらに、サービスロボット安全を支える技術者に要求されるスキルや育成手段の確立も、サービスロボットの産業化では大きな課題となっている。本セッションでは、以上の諸課題を解決するための方策を広い分野について研究する。具体的には、以下のような分野を包含する:安全技術者教育のカリキュラムと実施、アクチュエータの安全化(フェールセーフ機構・コンプライアンス制御など)、センサーと機能安全(近接センサー・接触センサー・力センサーなど)、安全に関する制度について(厚労省・経産省・自治体などの事例)、事故事例とその処理(民間会社安全担当・弁護士からの事例)、安全機器の紹介(メーカー各社から)、その他サービスロボット安全に関する項目