レスキューを題材にしたロボットコンテスト
オーガナイザ
横小路 泰義 (神戸大学大学院 工学研究科 機械工学専攻)
奥川 雅之 (愛知工業大学 工学部 機械学科)
大金 一二 (新潟工科大学 工学部 機械制御システム工学科)
セッション概要
災害に強い社会を作るには,単に科学技術だけに頼るのではなく,社会全体で防災や災害対応に取り組むという考え方を根付かせる必要があります.このような考え方を育む一つの方法として,災害救助を題材としたロボットコンテストがいくつか開催されている.たとえば,ロボカップレスキューやレスキューロボットコンテストなどである.このセッションでは,それらコンテストの主催者や参加者が,コンテストに参加して得た知見やレスキュー技術およびロボット技術の課題について発表することによって,このような取り組みの教育的な効果,社会的な貢献,実問題への接続性などについて多くの方々と情報交換や議論していきたいと考えています.また,レスキューを題材にした各種コンテストに参加しているチームが,ロボットコンテストとは別の観点で自分達のレスキューに関するアイデアや成果を発表する場を提供するという狙いもあります.