バイオミメティック知能とロボット
オーガナイザ
渡辺桂吾 (岡山大学大学院自然科学研究科)
前田 裕 (関西大学システム理工学部)
永田 寅臣 (山口東京理科大学)
セッション概要
出来上がった制御系やインターフェイスに対して何らかの生物に学ぶバイオミメティック機能の発現(つまり、インテリジェンス)を期待するような機械システムを構築することにより、機械またはロボットと人間の協調や親和性の向上がより図れるものと思われる。このような機械を、従来の生物工学と電子工学の融合として研究されてきたバイオニクスというよりも、より機械やロボットとしての実現を意識して、ここではバイオミメティックマシンと呼ぶことにする。具体的関連テーマには、バイオミメティック知覚の開発、バイオミメティック・コントロールの新展開、バイオミメティックロボット等に関する研究開発等があり、また人工生命の研究、非ホロノミックロボットシステムあるいは劣駆動ロボットシステムの研究とも密接に関連がある。本OSでは、このような多岐の分野に及ぶ先端技術を融合し上述のようなバイオミメティックマシンの構築や次世代メカトロニクス機器や次世代ロボット(サービスロボット、ユビキタスロボット、手術支援ロボットなど)への応用に関する調査研究を行うことを主目的とする。