記号創発ロボティクス
オーガナイザ
谷口忠大 (立命館大学情報理工学部)
岩橋直人 ((独)情報通信研究機構)
長井隆行 (電気通信大学大学院情報理工学研究科)
杉浦孔明 (情報通信研究機構)
田口亮 (名古屋工業大学)
セッション概要
ロボット研究,音声言語,画像研究を含むマルチモーダルインタラクション研究の発展に伴い,ロボットが人間と共生することを目標とすると共に,記号過程を内包した人間知能の構成論的理解を進める研究が始まっている.記号創発ロボティクスでは我々人間が扱う記号を動作学習や環境認識の学習,言語運用に関わる能力の学習などと密接に関わりながらボトムアップに組織化される動的現象として捉える.本セッションではこのようなボトムアップな知能の構成に関わる研究テーマについて議論する.トピック例: マルチモーダル対話,概念学習,語意学習,言語獲得,対話戦略・対話調整とスキルの学習,言語発達,言語進化,動作の言語化,動作の分節化,タスク遂行とスキルの学習,強化学習,模倣学習環境の分節化,一般物体認識・学習,実世界理解,シンボルグラウンディング など